リンツショコラカフェ~ホワイトチョコレート濃い抹茶アイスドリンク

こんにちは(*^^*)
タイミングが合った事もあり、新発売モノの発売日に食いついたギャラクシアンシャカです!

基本的にアイスドリンクは飲まないギャラクシアンシャカですが、抹茶味と言う事と発売日当日が暖かかった事が相まって今回いただきました。

過去に2回(※)フォンダンショコラクラシックを取り上げ、今回3度目の登場となるリンツショコラカフェさんです。

※詳細はフォンダンショコラクラシック(1)フォンダンショコラクラシック(2) 

をご覧ください。

つまり・・・

またアウトレット入間さんにお邪魔しました\(^o^)/

スポンサーリンク


リンツホワイトチョコレート濃い抹茶アイスドリンク

お会計を済ませ、店員さんがドリンクを作ってくれているところを拝見(・ω・)
ポットからドリンクを注いでいるところだったのですが、もっとシャーベットに近いかと思っていたら見た感じではトロリとしていました。

店員さん曰く「抹茶が濃厚なので、かき混ぜていただくようにしています。ドリンクと言うより、食べ物に近いですね」との事でした。

出来上がりを受け取る時に「カップの内側のソースは是非スプーンで削ってお召し上がりください」と説明してくれました。

一応店員さんの手順をじーっと見てドリンクの中身を頭に叩き込みましたが、ご参考までに公式HPの説明文を引用させていただきました。

【公式HPより抜粋】

リンツ自慢のミルキーでまろやかなホワイトチョコレートのやさしい甘さに、抹茶の深い苦みと豊かな香りが贅沢に融合した、甘すぎず、ほろ苦い、すっきりとした味わいのアイスドリンクです。

抹茶ホワイトチョコレートで一つ一つ丁寧に描かれる、リンツのアイコンであるしずく模様と、仕上げには抹茶のふんわり軽いホイップクリーム、抹茶のソース、抹茶のパウダー、ホワイトチョコレートのコポーのデコレーションがほどこされています。

席に移動して、寒さ対策のためのブランケットを借りていただきました(^^♪

濃い抹茶アイスドリンクの感想

こういうブログを書いていると、ひとつひとつのパーツ(具材?)の写真を撮って・・・

味を確認しながらメモって・・・

時間がかかってしまいます(笑)

ホットドリンクタイプだったら、確実にホイップが溶けていますね(^^;)

ドリンク

やや甘めで、抹茶の苦味が苦手な人でも飲みやすいと思いました。
飲み口はシェイクに近い感じでした。

抹茶ホイップ

甘さひかえめで、ほのかに抹茶味が感じられます。

抹茶ソース

カップの内側に施されたしずく模様部分は、キャラメルっぽい食感でした。
冷えて少し固まったのかもしれません。
味もキャラメルっぽい感じで、色の割には「いかにも抹茶!」の苦さなどは気にならなかったです。

抹茶パウダー

パウダーが一番抹茶味の濃さを感じました。

ホワイトチョコのコポー

あのスライス状でも、ホワイトチョコの甘さを感じられました。
抹茶パウダーの苦みとコポーの甘味が対象的な印象でした。

スポンサーリンク


リンツショコラカフェ入り口にてリンドールミルクの試食

※2021年現在は実施しておりません

お店の入り口で、(過去2回目のフォンダンショコラを作ってくれた)把瑠都に似た店員さんが「チョコレートテイィスティングはいかがですか?」とステキな笑顔でリンドールミルクの試食を配っていたので、当然チョコレートを受け取りました(笑)

そしてチョコをいただいている間、流暢な日本語で入り口近くの50%offの詰め合わせの説明をしてくれました。

かなりお得なのは重々承知していますが、お取り寄せしたばかりなので(←第22話の分です)今回は量り売りのリンドールを10個位に抑え、リンツ ホワイトチョコレート 濃い抹茶 アイスドリンク購入しました。

もちろん、試食させていただいたリンドールミルクも購入しましたよ~(о´∀`о)

リンツのチョコレートは楽天市場などでも購入出来るので、大容量タイプを買うなら「お買い物マラソン」や「ポイントアップデー」でお得にゲットしたですね!

自分でもちょこちょこチェックしてしまいますが(笑)、リンクを貼っておくのでぜひご覧ください♪
↓↓↓

まとめ

ドリンクは全体的に苦すぎず&甘すぎずで、思ったより飲みやすかったです。

抹茶味のホットドリンクだともう少し甘さが強いと思いますが、後味は比較的さっぱりした感じでした。

店内はギャラクシアンシャカには少々寒かったので、お店を出た目の前のフォレストラウンジのテーブル席などでいただくのも良いかと思います。

今回もここまで読んでいただき、感謝いたします!
何かお問い合わせなどありましたらお気軽にどうぞ(^^♪

スポンサーリンク