飯能市和菓子屋 創業昭和23年の老舗「松林堂」のどら夢馬(どらむーま)

目次【本記事の内容】

1.飯能市で70年以上も続いている老舗和菓子店・松林堂(しょうりんどう)
2.自家製どら焼き・どら夢馬(どらむーま)
 2-1.どら夢馬(どらむーま)の大きさは?
 2-2.どら夢馬(どらむーま)のお味は?
3.気になる原材料は?
4.おわりに
 4-1.店舗詳細

スポンサーリンク


ムーミンバレーパーク/メッツァの観光客・天覧山をはじめとする登山やハイキング客がますます増えて駅前のバス停ロータリーも賑わっている埼玉県飯能市。

その飯能市には多くの和菓子屋がありますが、今回紹介するのは西武池袋線飯能駅から徒歩でも行ける「松林堂(しょうりんどう)」です。

西武池袋線飯能駅~JR八高線東飯能駅のおよそ中間地点という2路線からのアクセスの良さが嬉しいですね!

西武池袋線飯能駅からなら北口を直進、東和銀行の交差点を左折して1つめの交差点角
JR東飯能駅からだと直進して左側にあります。
徒歩だと、大体3~4分くらいで着けると思います。

飯能市で70年以上も続いている老舗和菓子店・松林堂(しょうりんどう)

昭和23年創業で、かれこれ70年以上営業しています。

ちょうど交差点の角にあります。
道路はさんで画像の右側の建物は武蔵野銀行飯能支店です。

地元民でありながら、自分の休みと定休日が被る定休日の壁に阻まれてなかなか行けずじまいだったお店の1つだったのです。

今回訪問したのは定休日の月曜日でしたが、ちょうどお彼岸入りした日だったので営業していました!
優しい感じのご年配の女将さんが出てきてくれました。

 

女将さんの説明では「ショーケースの上の袋菓子(あめ玉など)は仕入れ品なんです」とのこと。

ショーケースの上にある自家製 こしあんドーナツは残念ながら売り切れていました。
地元の人間ならまずここは名物を食べてみよう、と思い今回はどら焼きのどら夢馬(どらむーま)に決定!

1個140円(税込み)と、自家製どら焼きではお手頃価格ですね(*^-^*)

スポンサーリンク


自家製どら焼き・どら夢馬(どらむーま)

1

飯能市のおみやげショップにも出品されていて、松林堂のオススメ商品でもあるどら焼きがどら夢馬(どらむーま)(1個 税込み140円)です。

どら夢馬(どらむーま)の大きさは?

大きさが分かりやすいように、一番サイズが近かった爪楊枝と比べてみました。
未開封の状態で上に乗せました。
だいたい爪楊枝と同じくらいの直径ですね。

和菓子屋さんの自家製どら焼きだったら、平均的なサイズでしょう。

高さも測ってみました。
だいたい爪楊枝の1/3くらいの高さですね。

では、いざ開封ゥゥゥゥ!

さすがおみやげショップに出品されているだけあって、飯能市ご当地キャラクターの夢馬(むーま)が刻印されています(^_^)v

どら夢馬(どらむーま)のお味は?

断面図のアップです。
生地に対して、粒あんも良い厚みで入っています♪

生地

食感

ホットケーキに近くて比較的弾力がありました。
パサパサ感はそんなに気にはならなかったですが、しっとり感が欲しい場合はレンジで600Wで20~30秒くらい加熱すると良いかもしれませんね♪

表面に蜂蜜などが塗られていないからか、全体的に甘さ控えめな印象でした。
市販のどら焼き生地の甘さが苦手な人はちょうど良いと思います。

粒あん

食感

粒あんの粒の感触がしっかり感じられて、噛み応えがありました。
こしあんの柔らかさが物足りない人には、「やっぱり粒あんの粒々感が良い!」と感じられる弾力でしょう!

甘さを感じつつも、塩味が良い具合に効いていました
塩大福とかが好きな人なら、この粒あんはきっと好みの味だと思います。

スポンサーリンク


気になる原材料は?

小麦粉・砂糖・たまご・小豆・牛乳・はちみつ・水飴・膨張剤・塩

さすが、自家製だけあって使っている材料もシンプルで安心していただけます(*^-^*)

粒あんのあの弾力は、水飴によるのでしょうか。

原材料は、使われている量が一番多いものから表示されます。
市販のどら焼きではだいたい原材料のトップに砂糖がくるのですが、こちらは小麦粉が先頭です。
甘さ控えめなのも、砂糖が先頭に来ていないことからうなずけます。

おわりに

どら夢馬(どらむーま)の感想は、塩味がほんのり効いていて、粒々の弾力がしっかりある粒あんで個人的には好きなあんこのタイプです(*^-^*)
自家製・材料・1個税込み140円(税込み)というお値段ともに、ちょうど良いと思いました。

また、松林堂を代表する一品に飯能名物塩ようかん(税込み600円)があります。

この塩ようかんは「飯能観光案内所おみやげショップ夢馬」「飯能観光案内所ぷらっと飯能(飯能駅構内)」に出品しており、660円で販売されています。

※松林堂の店頭では600円の販売です。

こちらの塩ようかんは昔から評判の良さで知られていて、看板にもあるように「飯能名物」にふさわしい一品です。

飯能市にお越しの際には松林堂さんのどら夢馬(どらむーま)や塩ようかんもおみやげの候補に入れてみてはいかがでしょうか(*^-^*)

店舗詳細

今回お邪魔した松林堂さんの情報です。

店舗情報】
住所   埼玉県飯能市柳町6-13
TEL   042-972-2537
営業時間 9:00~18:00くらい
※なくなり次第閉店
定休日  毎週月曜日
支払い  現金のみ
アクセス
1・駅からのアクセス
西武池袋線 / 飯能駅 徒歩6分(410m)
JR八高線(八王子~高麗川) / 東飯能駅 徒歩6分(440m)
西武池袋線 / 元加治駅(2.9km)

2・バス停からのアクセス
イーグルバス H01-1 中央通り 徒歩2分(120m)
国際興業 飯01 車庫前 徒歩3分(180m)
国際興業 飯01 東飯能駅 徒歩4分(270m)

松林堂さんでは、飯能銀座商店街で配布しているハローチップがもらえます。

100円(税抜き)ごとに1枚もらえて、専用の台紙が埋まると対象のお店で500円分の金券として使えます。
※お店によってが500円以上で使えるところもあります

しかも嬉しいことに・・
1・有効期限なし
2・飯能信用金庫(中央支店)、東和銀行(飯能店)にて預金の取り扱いもしているとのこと←さすが、地元に根付いた銀行ですね!
3・満貼台紙でのお買い物の際でも100円毎にチップ1枚をもらえる!

年に何回か、いっぱいになった台紙と引換えにイベント(抽選会・交換会・招待旅行等)なども行っています。
土日に実施されているので、飯能銀座商店街でお買い物をした時はぜひハローチップも集めてみてはいかがでしょうか。

飯能銀座商店街の公式HPのリンクも貼っておきます♪
↓↓↓
https://hanno-ginza.jimdo.com/

今回もここまで読んでいただき感謝いたします(*^_^*)
何かお問い合わせなどありましたらお気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする