吉祥寺エスプリ・ドゥ・パリの究極のモンブラン~もはや栗オンリーの濃厚さ!

目次【本記事の内容】

  • 1.エスプリ・ドゥ・パリ~池袋に期間限定で出店
  • 2.究極のモンブランの大きさ・具材や味
  •  2-1.大きさ
  •  2-2.それぞれの具材と味
  • 4.まとめ(詳細情報あり)

こんにちは!
今回のタイトルは「吉祥寺エスプリ・ドゥ・パリ」になっていますが・・・

購入場所は西武池袋線池袋駅構内にある「SWEETS BOX(スイーツボックス)」です(^^;)

スポンサーリンク


エスプリ・ドゥ・パリ~池袋に期間限定で出店

池袋駅(地下改札の方)の改札付近で色々な有名店が出店しています。
毎回美味しそうなスイーツをチラ見しては、誘惑とガマンが千日戦争(ワンサウンドウォーズ)並み(?)の熱き脳内バトルを繰り広げる場でもあります(笑)

西武池袋線池袋駅の改札(地下の方の改札です)を通ると前方に見えてきます。

SWEETS BOX エミオ池袋店
manneken(マネケン)エミオ池袋店

2軒並んでいますが、マネケンのお店からは焼きたてワッフルの、あのバターのあまりにも良い香りが否が応でも通行人の嗅覚をそそります。
※実は、看板の背景が赤色で店名が白文字だったので最初マキシム・ド・パリと間違えてしまいました(苦笑)

※amazonより画像引用させていただきました。

「究極の~」のフレーズは割と良くあるフレーズなので、最初は「へえ~」と思いながら看板を見ていました。

ですが、説明書きを読んでいると「とにかく栗だけ!!!」のようです。

スポンジとかタルトなどではなく、土台まで栗づくし。
栗好きなら素通り出来ないのも無理はありません(^_^)v

オススメ商品で看板があったので、最終的に究極のモンブラン(税込み756円)にしました。

「初めて買うならまずはコレ」といった選択になってしまったかもしれませんが(^^;)

スポンサーリンク


究極のモンブランの大きさ・具材や味

大きさ

究極のモンブランオンリーで撮影しました。
上に乗っている渋皮煮はまるごと1粒でダイナミックな感じですね。

  

大きさが分かりやすいように、冷蔵庫にあるモノの中で一番大きさが近かった納豆と並べてみました。
我が家で利用している「生活クラブ」の小粒納豆40gです。
カップなので、他のメーカーと大きさはほとんど同じだと思います。

※Amazon掲載によれば、直径約6cm 高さ約8cm とのことでした。

それぞれの具材と味

カップから上半分の断面です。
渋皮煮を食べたあとで撮影しました(^^;)

上に乗っていた渋皮煮

ケーキ用とあって、渋皮のささくれ(?)はなく、全体的にしっとりとしていました。
シロップでコーティングされている分、栗自体は甘さやや控えめな感じだと思います。

マロンクリーム

一口食べた瞬間「クリームと言うより、栗だけ裏ごししたんじゃない?!」と思いました。
そのくらい、栗の味が濃厚でした。

とにかく栗!!!という表現しか思いつきません(笑)
しかも、マロンダイス入りでさらに栗を堪能出来ます。
↓↓↓

栗のババロア

マロンクリームと色がほぼ同じなので分かりづらいかもしれませんが、甘さ控えめのババロアが隠れています。
マロンダイスも入っていて、適度に食べ応えがあります。

ババロアだけだと、フワっとしている分あっという間にペロリといってしまうのでマロンダイスの固さでバランスが取れていますね♪

土台部分の栗の裏ごし

タルト、スポンジ、マカロンなどではなくて栗オンリー!です(笑)
栗を裏ごしした、まさに栗だけで土台が形成されていました。
そして、土台の中にもマロンダイスがチラホラ・・・

上から下まで、本当に栗のオンパレードでした♪

スポンサーリンク


まとめ(詳細情報あり)

この究極のモンブラン、モンブランと言うより栗だけのケーキと言っても良いくらいの栗づくしの一品でした!

モンブランでも、タルト系・スポンジ系・マカロン系など好みがあると思います。
(ギャラクシアンシャカはだいたいどのタイプでもOKですがクリーム多めだと嬉しさアップ!)

土台の部分が比較的ホクホクしているのですが、これがまた栗を存分に味わえるのがポイント高かったです。

1個税込み756円ですが、栗の使用量と手間を考えれば妥当な値段だと思いました。
というのも、実は以前料理教室でモンブランを作ったことがあります。

スポンジを焼いている間にマロンクリームを作ったのですが、これが結構手間がかかりました。

1・栗を裏ごしして、それを少しずつ取って生クリームと混ぜて・・・

2・栗の裏ごしをちょっと取ってはクリームと混ぜて・・・

→1と2を何回か繰りかえした記憶があります。

そして出来上がったマロンクリームを絞り袋に入れて「お蕎麦のように」絞るのですが、これがまた慣れないと均一に出てこない!

パティシエは当然ながらプロなのでその辺は問題ないのでしょうが、とにかくモンブランは手間と材料がかかるということだけは良~~く分かりました(笑)
それ以来、モンブランは他のケーキより多少値段が高くても「あの手間と材料費を考えれば当然かも」と納得しています(笑)

究極のモンブラン、栗を味わいつくしたい人はぜひ一度食べてみてください(*^-^*)

Amazonでも取り扱っているので、リンクを貼っておきます。
(※楽天市場派の人には残念なお知らせですが、楽天市場では取り扱っていません・・・(涙)←自分)

↓↓↓
鈴木 俊行 究極のモンブラン

店舗情報

今回は催事での購入だったので、本店の情報を載せておきます。

【店舗情報】

Esprit de Paris エスプリ・ドゥ・パリ 本店

住所   〒180-0006 東京都武蔵野市中町3-5-12 フォーレストビル1F
TEL 0422-54-5139
FAX 0422-37-7247
営業時間 10:00〜21:30
定休日   無休

アクセス

①駅からのアクセス

JR中央本線(東京~塩尻) / 三鷹駅 徒歩15分(1.2km)

②バス停からのアクセス

関東バス 吉51 市民文化会館前 徒歩1分(27m)
関東バス 鷹01 市民文化会館入口 徒歩2分(160m)
関東バス 三鷹駅〜銀座線 保健所前 徒歩4分(260m)

WEB STORE通信販売もあります

↓↓↓
https://www.espritdeparis.jp/
今回もここまで読んでいただき、感謝してます(*^-^*)
何かお問い合わせなどありましたらお気軽にどうぞ♪

スポンサーリンク