クルミ好きにぜひオススメ!飯能市洋菓子店マロンのエンガディーナ(税込み140円)

飯能市洋菓子店マロンのエンガディーナ

こんにちは(*^-^*)
最近は焼き菓子にもハマりつつあり、やたらとバウムクーヘンのお店を検索しているギャラクシアンシャカです(笑)

そんな中、地元にある洋菓子店マロンさんで「こ・・・これは!!」と思える一品と出会いました!

それがエンガディーナ(税込み¥140)です。
お手頃な値段ですね♪

ショーケースの上の焼き菓子コーナーの中で、ひときわ目を引いたのです。
クルミなどのナッツ類は脂質が気になるので、正直控えていました・・・(T_T)

ですが、脳が求めているとでも言うのでしょうか。

エンガディーナが目に留まり、気になって仕方がない。
迷ったら「まずは試してみる」のが手っ取り早いので、ひとまず購入しました!

スポンサーリンク


エンガディーナとは?

「そもそも、エンガディーナって何?」
フィナンシェとかマドレーヌならすぐ分かるけど、エンガディーナってどんなやつ?」

と、焼き菓子の中ではイマイチ知名度が低いようです・・・。
普段あまり洋菓子を食べない人や買わない人だと、ほぼ「??」となりそうですね(^^;)

~エンガディーナー ヌストルテ~

独 Engadiner Nusstorte

スイスのエンガディーン地方のくるみの名物菓子。
エンガディーン地方は、良質なくるみの産地として名高い。
くるみをキャラメルで煮詰め、バタータイク(バター分の多いビスケット)生地で包み焼き上げたもの。
ヌス(独 NuB)は、「くるみ、堅果」の意。

【お菓子の辞典より引用】

クルミとキャラメル、そしてバター風味が効いたお菓子と言うことですね。

スポンサーリンク


クルミたっぷり・エンガディーナ

大きさが分かりやすいようにセブンイレブン 安納芋羊羹と並べてみました。

安納芋羊羹も美味しくて添加物も少ないので、結構お気に入りでした。

期間限定だったようです。

レギュラー販売してくれないかなぁ・・・←心の声ですが、セブンイレブンさんにぜひレギュラー販売の検討をお願いしたいです(笑)

※ちなみにこの写真を撮影したのは少々前の時期です。

他の洋菓子店やデパ地下などで売られている焼き菓子と同じくらいの大きさですね。
食後のデザートとして食べるにはちょうど良い大きさ♪

クルミがたっぷり詰まっていますね(*^-^*)

それでは、いただきます!

スポンサーリンク


クルミとキャラメルが絶妙なエンガディーナ

クルミ

やはり、たっぷり入ったクルミの食感が食べ応えあります。
とは言っても、お肉や小魚のように「よーく噛まないと喉につっかえる」ほどではないです。

キャラメル

思ったほどベタベタしていないので、食べやすいです♪

チロルチョコのコーヒーヌガー(昔からある、茶色のパッケージのやつですね)とかスニッカーズの感じを想像していましたが、ですが、あそこまでキャラメルが伸びたり歯につくことはなかったです。

↑↑
チロルチョコおよびスニッカーズの関係者の方、スミマセン!
決して批判しているわけではなく、あのキャラメルの歯にくっつき具合を表現するのに分かりやすく・・・

さらにスミマセン!!(苦笑)

ビスケット生地

クルミとキャラメルの甘さに、バター風味の塩っ気がちょうど良かったです。
これでビスケット生地も甘めだと、ちょっと味が濃すぎるかもしれないですね。
適度にしっとり感もあるので、ポロポロしすぎず食べやすかったです。

スポンサーリンク


おわりに

クルミ・キャラメル・バター風味のビスケット生地とくれば、カロリーなどが気になるところですね(汗)

自営業のお店なので栄養成分は算出されていませんが、

シャトレーゼのエンガディーナ 1個179kcal

とありました。
なので、だいたい1個180kcal前後と思われます。

今までクリームたっぷり系ばかりに目がいっていましたが、このエンガディーナはかなりハマりそうです。
ただナッツ類やバターの脂質やカロリーには少々注意が必要ですが・・・(^^;)

ちなみに、お取り寄せは特にやっていないようなのでぜひ埼玉県飯能市にスイーツ遠征にいらしてください!(笑)

ご参考までに

洋菓子店マロンの情報です。

【店舗情報】
洋菓子店マロン
住所    埼玉県飯能市柳町17-3
TEL/FAX    042-974-5750
営業時間    9:30~20:30
定休日       月曜(祝日の場合は火曜日休み
駐車場   ななめ向かいにある「ゲオ」の駐車場に停めればOKとのことでした
駅からのアクセス

    1. 西武池袋線飯能駅北口から徒歩約4分
    2. JR八高線東飯能駅出口から徒歩約4分

今回もここまで読んでいただき、感謝いたします!
お問い合わせなどありましたら、お気軽にどうぞ。

スポンサーリンク